英語テキスト 選択した言語に翻訳します。機械翻訳で翻訳されるため、100%正確ではありません。

日本語テキスト 選択した言語に翻訳します。機械翻訳で翻訳されるため、100%正確ではありません。

スペインテキスト 選択した言語に翻訳します。機械翻訳で翻訳されるため、100%正確ではありません。

ドイツテキスト 選択した言語に翻訳します。機械翻訳で翻訳されるため、100%正確ではありません。

フランステキスト 選択した言語に翻訳します。機械翻訳で翻訳されるため、100%正確ではありません。

ロシアテキスト 選択した言語に翻訳します。機械翻訳で翻訳されるため、100%正確ではありません。

韓国テキスト 選択した言語に翻訳します。機械翻訳で翻訳されるため、100%正確ではありません。

中国語テキスト簡体 選択した言語に翻訳します。機械翻訳で翻訳されるため、100%正確ではありません。

中国語テキスト繁体 選択した言語に翻訳します。機械翻訳で翻訳されるため、100%正確ではありません。

  • English
  • 日本語
  • español
  • Deutsch
  • Français
  • русский
  • 한국
  • 中国
  • 中國
OK OK OK OK OK OK OK OK OK

関西へのアクセス

日本はアジアの東端にあり、関西は本州中西部に位置しています。

  • 日本
  • 東京
  • 北海道
  • 九州
  • 福井
  • 滋賀
  • 三重
  • 京都
  • 大阪
  • 奈良
  • 和歌山
  • 兵庫
  • 鳥取
  • 徳島
  • 関西
    国際空港
  • ■東京-大阪/飛行機で1時間
    ■東京-京都・大阪/新幹線で2時間
  • ■北海道-大阪/飛行機で1時間30分
  • ■大阪-広島/新幹線で1時間40分
  • 太平洋
  • 瀬戸内海
  • 日本海
HowTo Get There map
新千歳-大阪飛行機...約1時間30分
羽田-大阪飛行機...1時間
東京-京都/新大阪新幹線...約2時間
新大阪-広島新幹線...約1時間40分

飛行機で

日本と世界各国を繋ぐ国際線が就航しています。

フランクフルト-大阪約12時間
上海-大阪約2時間
ケインズ-大阪約7時間
シンガポール-大阪約6時間30分
ロスアンゼルス-東京約10時間
ソウル-大阪約1時間30分
モスクワ-東京約10時間

日本国内は、国内線や鉄道が充実しています。

電車で

JRは東京を拠点に、日本全国を繋ぐ鉄道です。
新幹線は最速時速320kmの高速鉄道で、東京、横浜、名古屋、広島、福岡、そして北海道を繋ぎます。

関西の新幹線の主な停車駅は京都、新大阪、新神戸、
東京から京都までは約2時間、指定席の料金は13,080円(2017年4月現在)です。

関西エリアの都市間の移動は、JR西日本、京阪、阪急、阪神、山陽、近鉄、南海が便利です。
大阪から京都方面への移動は、京阪、阪急、JR、
大阪から姫路方面への移動は、阪神、山陽、JR、
近鉄は、大阪難波を拠点に、奈良や三重へ、
南海は、大阪難波を拠点に、和歌山へ、
関空から移動は、大阪難波へは南海、大阪駅や京都駅への移動はJRが便利です。

大阪から京都への移動は、JR快速で約30分、
大阪から奈良への移動は、近鉄で約40分と
関西エリアの多くの都市へ1~2時間程度で移動ができます。

また、大阪、京都、神戸などの都市内の移動には、地下鉄が便利です。
地下鉄の1区間の料金は、180円~210円です。

関西の鉄道に関する詳細情報は、
以下の「関西インバウンド観光ネットワーク」制作のマップをご参照ください。

Kansai Railway Network (PDF/4.0MB)
Osaka Railway Network (PDF/1.0MB)
Kyoto Railway Network(PDF/0.5MB)
Kobe Railway Network(PDF/0.3MB)

KANSAI ONE PASS

関西の主要な鉄道やバスに乗車利用できる訪日外国人専用の統一交通パス「KANSAI ONE PASS」
電子マネーとしても使えるこの1 枚があれば、関西の交通機関を切符を買わずに利用できます。
またスマホで「KANSAI ONE PASS」サイトにアクセスすれば、観光地でカードを提示するだけで施設や店舗の優待、そして観光情報が取得できます。

その他にも関西私鉄の各線に訪日外国人専用の2 日・3 日間乗り降り可能 な「KANSAI THRU PASS」が便利です。
JR グループ6 社が 共同で提供する日本全国が乗り放題の「JAPANRail Pass」、 「ALL KANSAI TRANSPORTATION MAP」と併せて使えば
さらに効率よく行動範囲が広がります。

TOP