浅沓

神宮の神官の履物である浅沓は、伊勢地域では江戸時代(1600?1868)ころから作られ始め、型作りから仕上げまで一貫して、久田家で製作されていました。
現在は、その久田家で技術を学んだ後継者が、ただ1人で伝統を守りつつ製造を続けています。