RUGBY WORLD CUP™ PROUD HOST

播州三木打刃物

天正8年(1580年)の三木城落城の後、町の復興のために各地から大工職人が集まりました。 それに伴い、道具を作る鍛治職人も数多く集まったことから発展したとされています。 現在も鋸・鉋・小刀などの製造で、手づくりの技を守り続けています。
   
TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.