茶がゆ

お水取で知られる東大寺二月堂の修二会の練行僧の食事にも取り入れられていることから、茶がゆは1200年前から食べられていたことがわかる。
お茶でかゆを炊く、ただそれだけの、現代では簡素ともいえる食事だが、おかゆといえばアワやヒエなどの雑穀、大根やイモなどの野菜を入れた雑炊タイプがほとんどだった昔、冷やごはんをより美味しく食べるために工夫された茶がゆは、なんと賛沢な食事だったことか。
そこには、かつての都人の食の豊かさを思わせるものがある。
その味わいもさらっとして、粘ってはいけないなど、どこまでも洗練されているのである。