越前ガニ

「越前ガニ」の愛称で呼ばれているズワイガニは、山陰地方では「松葉ガニ」などと呼ばれ、それぞれが我こそは味一番と競い合っているが、この呼び名は特に雄の場合で、雌の場合は呼び名も変わり加賀あたりでは「コウバクガニ」、山陰や福井では「セイコガニ」となる。
セイコガニは越前ガニに比べて半分ぐらいの大きさなので身は少ないが、甲羅には味噌がぎっしりと詰まっているため珍重されているようだ。