越前竹人形

真竹・孟宗竹などを使い、竹の持つ直線と曲線の美しさを生かして、能や歌舞伎などを情緒豊かに表現しているのが特徴です。
現在の形に近いものが作られ始めたのは戦後。
郷土出身の作家、水上勉の著書「越前竹人形」で全国に知られます。