RUGBY WORLD CUP™ PROUD HOST

伊賀焼

起源は7世紀後半から8世紀といわれ、当初は瓦や農具としての種壺などが中心でした。 室町末期から桃山時代初期に茶陶で名を広め、その伝統を今日に伝え継いでいます。 火いろ・灰かぶり・ビードロと呼ばれる窯変が特徴です。
   
TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.