伊勢大神楽

江戸時代から盛んに行われるようになった伊勢大神楽は、伊勢神宮に参詣できない人のために無病息災・家内安全のおはらいをし、代わりに神楽を奉納する「代神楽」の意味であるという。
眼光鋭い獅子による獅子舞と、手まりや皿・剣・傘などを操る娯楽としての放下芸(曲芸)からなり、現在6組の家元がそれぞれの芸能を伝えている。
通常は組単位で関西各地の町々を巡回し、昔ながらの諸芸を披露している。
発祥地である増田神社では、毎年祭礼の日に全家元が集まり、獅子舞と放下芸を各8演目にぎにぎしく奉納する。
鎮守の森は住民や愛好家らでぎっしり埋まり、熟練の芸に大きな歓声がわき起こる。