伊勢海老

伊勢志摩地方といえば伊勢神宮と伊勢海老である。

伊勢海老はその姿かたち・大きさと身の締まり具合において、日本では古来より、武勇と長寿の象徴として、慶事に欠かせないものだった。
昔は「志摩海老」と呼ばれていたが、江戸時代、伊勢の津を経て江戸や京に運ばれたことから、「お伊勢参り」で知られる伊勢の名前をつけたほうが売れるのでは、と「伊勢海老」になったという。

刺身、鬼殻焼き(縦二つ割りで焼く)、具足煮(具足は鎧兜のこと。
殻ごとぶつ切りにして煮る)、いずれもぷりぷりした歯ごたえ、旨味のしみ出す煮汁と、甲乙つけがたい味わいだ。