伊勢万歳

「万歳」は正月に家の門口で無病息災や家運繁栄などの祝言を述べる門付芸。
太夫と才蔵の二人一組で、三味線や胡弓・鼓などの演奏や身ぶりをまじえながら滑稽な掛け合いを演じて笑いを誘う。
伊勢万歳は、平安末期に今の奈良県に起こった大和万歳が京で千秋万歳となって、三河・尾張(愛知県)に伝わる途中に定着、かつては近畿一円にその名が知られたという。
現在はひと組の万歳師たちが、古来の門付けスタイルも守りつつ希少な伝統芸を継承している。
『法華経万歳』『烏づくし』『忠臣蔵』など演目は数多く、各地の万歳が途絶えてしまった中、地域に親しまれる『万歳さん』として活躍している。