RUGBY WORLD CUP™ PROUD HOST

和泉櫛

6世紀後半ころ、8種類の櫛づくりの器具を持った異国人が貝塚の浜に流れ着き、櫛の製法を伝授したと伝えられます。 和泉櫛は本ツゲを素材とするため、静電気が起こりにくく髪を傷めず、使うほどに増していく美しい飴色の光沢が魅力です。
   
TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.