京人形

その昔、子供の災厄身代わりのために用いた“天児"などが人形の起源とされ、後にそれが平安貴族の子女たちの愛玩人形、そして飾り人形へと移り変わります。
京人形は分業化された工程の中で、職人たちの熟練の技の結集として生まれます。