RUGBY WORLD CUP™ PROUD HOST

京石工芸

平安建都(794)より千年もの間、文化の中心であった京都。 この土地特有の文化的欲求に加え、桃山期以降の茶道の流行による日本庭園の発展などに伴い、ほかの地方にはない見事な石工芸品が多数 作り出され、その技は現代にまで伝え継がれています。
   
TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.