三国箪笥

江戸中期より明治(1868?1912)末期にかけて日本海を航行した運搬船、北前船の隆盛で、三国港は日本海側最大の港町に発展し、それに伴って多くの職人が集まってきました。
そして始まった、船箪笥の製造。
日本三大発祥地のひとつとしても有名です。