RUGBY WORLD CUP™ PROUD HOST

明珍火箸

明珍家はもともと甲冑師の名門であり、火箸を作るようになったのは、茶匠・千利休の依頼で鍛えたのが始まりといいます。 糸で繋いだ二本の火箸が触れ合うと発する妙音は、実に涼やかな響きです。
   
TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.