浪華本染めゆかた

泉州・河内地域という木綿の一大産地があり、木綿の晒作業に向く自然条件に恵まれ、伊勢型紙を使って糊を置き、染料を注ぐ独自の染め技法が大阪で開発されるなど、整った環境の中で浪華本染めゆかたは生まれ、今に伝えられています。