RUGBY WORLD CUP™ PROUD HOST

奈良筆

今から約1200年前の大同年間、弘法大師が唐からその製法を持ち帰り、奈良に伝えたのが始まりとされます。 穂先には山羊や馬など十数種類の獣毛を使用し、その千差万別な毛質を巧妙に組み合わせ、古来からの手づくり技法で作られます。
   
TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.