RUGBY WORLD CUP™ PROUD HOST

奈良一刀彫

鎌倉時代(1185~1333)、春日大社若宮の祭礼に用いられたのが始まりで、江戸末期に巨匠森川杜園によって一躍芸術品の域にまで高められました。 能楽・舞楽・狂言・十二支などを題材にした単純明快で大きな刀法、繊細で華麗な極彩色を特徴とします。
   
TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.