奈良漆器

正倉院所蔵の漆器には、夜光貝を張り、漆で埋めて磨き出した“螺鈿”や、漆と布で成型した”乾漆”など、天平文化の粋ともいえる絢爛豪華な技法が施されていますが、奈良漆器は、それらの技法をそのまま今に伝承する高級漆器です。