西陣織

西陣織は宮廷文化を中心に発展し、その歴史は、5世紀後半に新羅より伝来した織技術に始まります。
染色した糸を使って模様を織り出す、先染めの紋織物である西陣織。
精緻さはもちろん綴・錦・緞子・紬など、品種の多さも特徴です。