大阪仏壇

大阪が仏壇・仏具の産地となったのは、四天王寺建立の際、聖徳太子が百済から大阪に技術者を呼び寄せたことによるとされています。
内部上段の前面に施した高蒔絵、金箔を押した柱や彫刻の表面を彩る優美な彩色などが大阪仏壇の特徴です。