大阪三味線

三味線が琉球から堺に渡来したのは、1562年。
当時は胴に蛇皮を張っていたようですが、後に犬・猫の皮を用いるようになり、義太夫や地唄など日本の芸事と深く結び付いた改良がなされました。
今も伝承の技法で手づくりされています。