大阪ずし

箱ずし、押しずし、ちらしずし、巻きずし、棒ずし、蒸しずし、これらはすべて大阪ずしといってよい。
木型にすし飯を入れ、蓋をして、人の力で押しつける方法だ。
鯛、海老、穴子、椎茸、きくらげ、錦糸玉子などが型の中に詰まり、それぞれの味付けに個性があるので、一緒に食べるときに渾然一体となった豊かな味わいが魅力だ。
「ネタの新鮮さがないより」というにぎりずしに比べ、大阪ずしは調理の手がこんでいるだけ、技術や味に対するこだわりが要求され、とくにすし飯のでき具体で大きく左右されるという。
昭和30年頃には、大阪のほとんどのすし屋がつくっていたといわれるが、一人前の値段がきまっていて、手間暇かかる大阪ずしより、時価で売れ、仕込が簡単な江戸前ずしの魅力にはかなわなかったのか、大阪ずしの店は激減。
現在、大阪ずしを名乗る店は数軒になってしまった。