大塔坪杓子・栗木細工

広大な原始林に覆われた吉野地方では室町ころより、本地師による坪杓子・飯杓子などの製造が盛んに行われました。
原材料の栗の木は水に強く耐久性に優れているため、金属製が出回る現在も絶えることなく、その技は守り伝えられています。