鯖のへしこ

「鯖のへしこ」という食べ物がある。
産卵期前の春サバを背開きし、塩と米糠に漬けて熟成させた福井県南西部の若狭に伝わる独特の食ベもので、保存食として広まった。

このへしこは夏を越しー年以上漬け込んだものが美味しい。
糠をつけたまま少し炎ってご飯といっしょに食べると、立ち込める香ばしい香りとともに、何杯でもおかわりができてしまうといわれるほどだ。
ほぐして茶漬けにするとこれがまた格別で、薄く切ってー晩酢に漬けたものは最高の酒の肴となる。