太鼓

愛知郡愛知川町では、江戸時代(1600?1868)から愛知川の良質の水を利用して皮なめしが行われ、太鼓が作られてきました。
太鼓の皮には雌牛の皮が最適とされ、川の水にさらして1カ月間なめし、脱毛して自然乾燥します。
太鼓の胴には欅を使います。