RUGBY WORLD CUP™ PROUD HOST

高島虎斑石硯

阿弥陀山より採掘した虎斑石による硯の製造は、江戸初期に始まりました。 大正末に人造石硯の出現や原石の枯渇、ペンの普及などで急減しますが、その伝統は今も守られています。 自然石の形を生かした彫り、表面に浮き出る模様が特徴です。
   
TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.