竹皮細工

延享年間に、村民のひとりが江戸で習った技術を持ち帰り、笠を作り始めたのが最初といわれています。
竹皮笠の最盛期は大正年間までで、現在は食品容器が中心に作られ、民芸品やルームアクセサリーとして人気があります。