豊岡杞柳細工

杞柳とはコリヤナギのこと。
豊岡では円山川流域の肥沃な土に自生し、その柔軟性や強く粘りのある材質が編み加工に適することから、地域の産業として「杞柳編み組製品」が作られてきた。
江戸時代(1600~1868)の柳行李はその代表で現在はバスケットや室内装飾品が中心。