漆刷毛

12世紀ころ、寺院の仏像・仏具などの漆塗りに使われたのが今日の漆刷毛の始まりとされ、その製作技法は明治18年に京都から伝わりました。
人毛を素材とする刷毛は、ヒノキ板製の持ち手部全体で挟まれており、板の先を削りながら使用します。