若狭めのう細工

めのうの原石を低温(200?300C)で焼くと、美しく発色します。
この若狭独特の焼き入れの技法や、緻密な彫刻技術など、いくつもの伝統技を駆使し、時間と手間を費やして、繊細で味わい深いめのう工芸品は生み出されます。