RUGBY WORLD CUP™ PROUD HOST

ウイスキー

世界の五大ウイスキーの一つ、と言われるほどに成長した日本のウイスキーのふるさとは、京都府と大阪府との境にある天王山の麓、名水が湧き竹林に囲まれた山崎峡谷である。 「日本のウイスキーをつくりたい」という志を抱いた男、サントリーの創業者である鳥井信次郎が、1923年、山崎に蒸留所を創設したのが始まりだ。 大麦の麦芽を仕込み、発酵と蒸留を経て、できた原酒をホワイトオークの樽で熟成させ、貯蔵というプ口セスを辿って、1929年に国産ウイスキー第一号「白札」を世に送りだしたのである。 それ以来、蒸留所では、樽のなかで静かな時間の流れるのを待って、熟成されたモルトウイスキー原酒をつくり続けている。
   
TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.