RUGBY WORLD CUP™ PROUD HOST

ワイン

ワインのもとになる葡萄は、温暖な気候を選んで生育する植物である。 なかでも、よいワインをつくる葡萄は、年間平均気温が10度?20度で、夏の日照が十分に保証される地域に集中、つまり緯度でいうなら北緯30度?50度、南緯30度?40度の間になっている。 しかも、水はけがよい地形と土壌をもち、生育時の多雨多湿がさけられることなど、さまざまな要素が絡まってくる。 関西では、大阪と奈良の県境にある羽曳野、柏原など南河内地域、西神戸の押部谷地域、京都府丹波町などで、それぞれに地域の特製をいかしたワインを生産している。
   
TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.