保田紙

保田紙の起源は江戸初期で、清水町に多く自生するコウゾを有効利用すべく吉野から紙漉き技術を持ち帰り、その技法を確立しました。
かつては傘紙や団扇の紙が主でしたが、現在は名刺や封筒、書道用紙、和紙人形などの製品を作っています。