四日市萬古燒

萬古焼の創始は天文年間とされており、その名の由来は、創始者が自分の作品が永遠に伝わるべく願いを込めて「萬古不易」の印を押したことによるといわれます。
鉄分の多い陶土を用いた朱泥、紫泥と呼ばれる急須は有名です。