吉野手漉き和紙

楮を吉野川の清流に晒して作る吉野手漉き和紙は、薄漉き和紙の名品と賞賛され、生産地名より“国栖紙”ともいわれます。
非常に薄く強靭なため、漆の漉し紙(吉野紙)として珍重され、風雅で上品な美しさから装飾用や包装用にも人気です。